日本語好きな人向けの仕事|英会話を習う前に料金を比較するのが大正解

英会話を習う前に料金を比較するのが大正解

日本語好きな人向けの仕事

先生

420時間講座がお勧め

日本語教師は民間の日本語学校での求人が最も多いですが、大学や企業で教えるという道もあります。日本語教師として採用されるためには、日本語教師420時間コースを修了、日本語教育検定試験合格者、4年制大学で日本語を主、副専攻して終了した人のいずれかに当てはまっているという条件があります。420時間講座は教育給付制度の対象講座があり、それを選べば、費用を削減できます。しかし、大学はかなりの費用がかかるため、慎重に選ばなければなりません。420時間講座は演習や教育実習で本番の授業が経験できる、講師からアドバイスがもらえる、就職のサポートが受けられるといったメリットがあります。420時間講座の学校は都市部に集中しています。また、都市部に住んでいて近くに日本語教師養成学校がある人は、420時間講座はおすすめです。

必要な資質と就職先

日本語教育能力検定試験は毎年10月に1回行われています。通信講座でも学べますが、合格率が20%程度なので、慎重に講座を選ぶ必要があります。そのため通信講座を選ぶ際は、合格率の高い学校の通信講座を選ぶようにした方がいいでしょう。また、日本語教師になるのに求められる資質としては日本語が好きであるということが第1に求められます。採用の際には、人柄、コミュニケーション能力、教育経験なども見られます。教育経験を積むために、ボランティアとして外国人に日本語を教える人もいます。就職先としては、日本では、民間の日本語学校に就職する人が多いです。また海外ではアジア圏で、日本語の学習熱が高く、アジア圏の語学学校で求人募集があります。そのため、求人を探す際には、日本語学校には求人が来るため、学校でさがしたり、インターネットの日本語教師求人サイトで探すことになります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © 2016 英会話を習う前に料金を比較するのが大正解 All Rights Reserved.